ROKUx

私的メモあるいはスクラップブック

7月 29
“企業のセキュリティ職員がすばらしい仕事をやったとしたら、その会社にはまったくなにも悪いことが起こらない。その結果、セキュリティ職員は全くのよけいものになってしまう。これが、セキュリティという仕事の魅力のなさの一面だ。彼らの努力がまともな関心を引くことはまずない。” 『ハッカーを追え!【新装版】』ブルース・スターリング著 今岡清訳 2001年p.50 (via atorioum)

(atm09tdから)


7月 25
“某映画監督による、新人を見極めるポイント。 「そいつがね、面白かったという映画を説明させるんですよ。それが本当に面白そうに聞こえたら合格」 「面白かったというのは、実は言語化しづらい。それを言葉として記憶してると、後々役に立ってくる。友達が多い人間のほうが良い」 「最後は、そいつがつまらなかったと言ったものを「面白く説明してみろ」と言うんですよ。バカにしたり煽ったりじゃ駄目、本気で面白そうに思わせること。それが出来たら喰っていける」”

資質の有る無し: オタク商品研究所plus (via maruura) (via katoyuu) (via babie) (via dominion525) (via ssbt) (via sryuuki) (via ultramarine) (via otsune) (via butfilp)

面白かったというのは、実は言語化しづらい

それを言葉として記憶してると、後々役に立ってくる

本気で面白そうに思わせること。それが出来たら喰っていける

(via hibiky) (via yellowblog)

(via ishizue) (via skamio) (via skamio) (via kiri2) (via ninamo44) (via takehiroyoshimura) (via darylfranz) (via aspara) (via mifei) (via deepspeed)

7月 21

odditiesoflife:

Ten of the Best Storybook Cottage Homes Around the World

These 10 fairy tale inspired cottages with their hand-made details call to mind the tales of the Brothers Grimm and other fantasy stories. All of these cottages are real-life homes from around the world. From stunning cottage houses to mystical stone dwellings, these 10 storybook cottage homes provide inspiration and inspire the imagination.

  1. Hobbit House - Rotorua, New Zealand
  2. Winckler Cottage - Vancouver Island, Canada
  3. Akebono kodomo-no-mori Park, Japan
  4. Wooden Cottage - Białka Tatrzańska, Tatra Mountains, Poland
  5. Blaise Hamlet - Bristol, England
  6. Fantasy House - Location Unknown
  7. Forest House - Efteling, The Netherlands
  8. Cottage in the Hamlet of Marie Antoinette - Versailles, France
  9. Cob House - Somerset, United Kingdom
  10. The Spadena House - Beverly Hills, California, United States

(stilllllから)


“当時使っていたビジネスダイアリーには中島らものこんな言葉のメモが残っている。

自分の無神経さを豪放磊落と勘違いしている人
自分の小心さを繊細さと勘違いしている人
自分の優柔不断さをやさしさと勘違いしている人
らも十年 - 2ペンスの希望 (via ginzuna)

(rokurokuから)


「かへ」前編


7月 16
“中学生の時に数学の教員に言われた「5億円以下の犯罪には手を出すな」という教えだけは守っていこうと思う”

https://twitter.com/CCCP1917/status/489197877214715905

ベネッセの名簿流出に関連して.

(via bgnori)

(yellowblogから)


“あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。” マハトマ・ガンジー (via greenz) (via picgra) (via miyavi) (via dannnao) (via chiaki25) (via tsuzuking) (via jinon) (via suzukichiyo) (via ginzuna) (via kuwataro)
2008-12-30 (via gkojay) (via usaginobike) (via umi82mizuiro) (via shortcutss) (via yellowblog) (via chordstriker) (via usaginobike) (via it-shine-reading) (via yaruo) (via iroha) (via edieelee) (via orochix) (via edieelee) (via k-eng) (via yuasa) (via eoma) (via usaginobike) (via sunsyun) (via suzukichiyo) (via obakehouse, ecosugoi) (via mizutamakillingme) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via edieelee) (via shortcutss) (via mikanthecat) (via yellowblog)

7月 14

7月 12

まず戸惑ったのが、わけのわからない規則の多さです。6年生の保護者会の場で、担任の先生が「シャープペンシルは認めません」と言うので、「なぜですか?」と聞くと、「正しい字を書けるようにするためです」。

「シャーペンでは正しい字が書けないという科学的な根拠があるのですか?」と聞くと、「ありません」。「根拠もないのに、なぜそういう規則を課すのですか?」「キャラクターものなどもありますから」「それはなぜダメなのですか?」「値段が高かったりして……」「ならば、図柄のないシャーペンならよいのではないですか?」。

もう禅問答です。「それは規則では許されません、なぜならばそれは規則だからです」という同義反復。どう考えても教師自身が、自分の頭で考えて発言しているとは思えません。

日本のPTA、やっぱり変です | 女性差別?男性差別? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト (via katoyuu)

みんな同じでないといけない理由はない。
「よそはよそ。うちはうち」って子どもに言えない親が増えたのかな?

(nobabaclipから)


“トトロの本家のおばあちゃんとラピュタのシータのおばあちゃんと、ジョジョのエンヤ婆の声が同じ鈴木れい子という人だが、さらにねるねるねるねのCMの魔女でもあると聞いて、日本の婆と魔女の元締めとしか思えない。” Twitter / ASAILABOT (via chptr22)

トトロに出てくるカンタのばあちゃんは違うだろ。(北林谷栄)

(atm09tdから)


ページ 1 / 193