ROKUx

私的メモあるいはスクラップブック

9月 24

ところで、最近、ある雑誌に、とても興味深い記事が載っていた。コンピューター将棋のことを、どこまで理解しているのはわからない記者が、羽生さんに向かって、次のような質問をしているのである。「もはや、プロ棋士もコンピューターに勝つのは大変ですね。今後、コンピューターが、どんどん進歩して、人間の棋士が全く敵わなくなったら、どうしますか?」と大変失礼な質問である。これに対して、羽生さんは、実に痛快な答えを用意されていた。「全く、問題ありません。将棋のルールを変えれば良いのです。例えば、桂馬を横に動けるようにするとか」。

そのとおりである。過去の数万の棋譜から学習したコンピューターは将棋のルールを変えられたら、そのロジックは完全に破壊される。新たな将棋のルールが形成されたら、ここで、力を発揮するのは、「過去の知識や経験に基づく判断能力」ではなく、「創造力」である。人間とコンピューターの能力の違いは、この「創造力」にある。思わず、この話、将棋の世界だけの話ではないのでは?と、ふと思ってしまうのは私だけだろうか?

279 コンピューター将棋 « 千秋日記 (via clione)

(yellowblogから)


“社会そのものが、科学と、大勢の努力で成立しているのに、それを、なんのありがたみも感じずに、当たり前だと思って利用するのは、社会を分解する恐ろしい考えだと思います。サービスを、お金を出して買っている方が偉い、と思い込むのは、残念な考え方です。サービスは、してくれる人がいないと、お金がいくらあっても買えません。”


9月 23

(zenigataから)


“私がまだ若かった頃の話・・
17歳だったかな・・・ その頃には親公認で煙草、酒・・
子供の頃から
「人の物は絶対に手を出しちゃいけない!!」
と言われ続けたので
万引きには手を染めず済んだ
「人に迷惑をかけるな!それ以外なら何をしたっていい!
 何だって経験だから・・・」
私が少しヤンチャになった頃、父に言われた
私は親の言う事を聞かない
だから、そこは諦めて窮屈にさせずにいてくれた

私には女の子特有の「お父さんが嫌い!!」の時期が無い
嫌いになる原因が無かった
カッコよくて
優しくて
絶対に守ってくれる・・
私の事を世界で1番愛してくれている!!という自信もあった
なので、嫌いになんかならなかった
むしろ大好き

話は戻る・・・17歳の夏
真夜中に帰ってきたり・・帰ってこなかったりの娘
だからと言って特に悪い事をしている訳ではなかった
友達の家で朝まで、しゃべったり・・・
たまーーーーに、町に出たりはしていたものの
彼氏は欲しいがナンパ等のつまらない男の子達には興味も無かった

ある日父から

「麗子たまには、お父さんと飲みに行こう
 何でも好きな物食べて何処でも連れて行ってやる
 チョットおしゃれしてこい」

と言われた
面倒のような気もしたが、その頃、夜の街に興味も有り出掛けた
町に出る車中で父が言った

「今日はトコトン飲むぞ!!もうダメって程 飲め
 お父さんが責任持つからな アホみたいに飲もうぜ」

おいおい いいのかよ・・・お母さんに怒られるぞ~
などと思ったが お父さんが責任持つんだからいいか・・・

1軒目 父行きつけの串焼き屋に到着
女将の「みっちゃん(父)が彼女連れて来ちゃったかと思ったよ~」の1言で気を良くした父は2軒目から彼女だって事にしろよ!と完全に舞い上がった様子
二人でかなり飲み店を後にする

2軒目 父の行きつけのクラブに到着
父のご指名の女の人に
「娘さんでしょ?」とアッサリ見破られるも、これまた上機嫌
「俺に似てるんだよなぁ・・目が似てるからなぁ・・」
要らぬ説明をし 嬉しそうに飲み続ける

3軒目 父の行きつけの寿司屋に到着
大将に「いいなぁ娘と一緒に飲みに行くなんて 幸せだねぇ
親父の夢だよなぁ」等言われ、またもやご満悦
「好きなもん喰えよ たまにしか一緒に来ないんだから」と父
初めてじゃん・・・小さな見栄。。張ったな。。。

4軒目 父行きつけの居酒屋
この辺はもう覚えていない・・何を飲んだかも・・話の内容も・・

5軒目 父行きつけのスナック
まったく覚えが無い
カウンターにつっぷしダウン

父はタクシーを呼び私を背負ってくれた
この時一時的に意識を取り戻し

「気持ちいいなぁ・・お父さんゴメンね 酔っ払っちゃった」

「いいよ。寝てろ」

朝、目覚めると部屋のベットに寝かされていた
父と顔を合わせるのが気まずい・・・

リビングに行くと父はもう出掛けていた
母に広告の裏に書いた手紙を渡された


「 麗子へ
 
 昨日は楽しかったな
 また、行きたいよ また一緒に行こうな

 昨日、麗子が飲んでグロッキーした酒の量はわかるか?
 ビール2杯、チュウハイ5杯、・・・・。。。。。
 それが、お前の量だぞ
 今度、誰かと飲みに行っても、その量の手前で帰ってこい
 世の中はいい奴ばかりじゃない
 騙してどっかに連れて行かれたら
 お父さんは守ってやれないから
 だから、お前の量を教えようと思ったんだ
 必ず守ってくれよ
 お父さん信じてるけどな・・・


              お父さんより      」


涙が出るのを必死で堪え朝食を食べた
母が、お父さんはずっと心配していた・・でもどういう風に伝えたらいいか?悩んでた・・縛ってもいけない。
あの子は、そういう子だから
縛ったら帰らなくなる子だから・・・

今思えば、あの頃本当に心配だったと思う
好き勝手な事をして遊んでいたから・・・

ありがとう。お父さん
お陰で誰かに騙される事無く遊べました。
お酒で失敗は、あまりしませんでした。
つまらない事で傷つく事も無く青春を謳歌いたしました

感謝しています。


女の子を持つ父親はきっと自分が男だけに
心配なんだろう

父も昔のようにカッコ良くはなくなった
もう、お爺ちゃんだ
あの頃のように夜の町を歩く父は、もういない
趣味の畑で野菜を作り私や孫に食べさせるのを楽しみにしている

今の私があるのは父のお陰だ
いくら感謝しても、足りないな・・・”

[mixi] 日記ロワイアル | 父の教育

本当に伝えたいこと、それと、それを表現する方法。

(via mcsgsym)

(m-akasyaから)


4個のコンクリートブロックでロケットストーブを作る


9月 20
“彼らはむしろぜひとも生き残って、戦後の日本を作り上げていく存在になるべきだったし、私たちは彼らを無駄に死なせた人たちの責任を問うべきなのだ。
 にもかかかわらず、「特攻隊員が日本を守ってくれた」などと「感謝」するのであれば、それは彼らに自爆を強いた当時の戦争指導者の方針をも正当化することになる。”
素朴な「感謝」がファシズムを支えるとき│映画作家・想田和弘の「観察する日々」 | マガジン9

9月 19



9月 15
“「テレビの普及率」と「平均寿命(女性)」が綺麗に相関している図が載せられています。もちろんここまで馬鹿馬鹿しい関係ならば普通はその無意味さに気づくでしょう。しかし、それでもなお「テレビの電磁波か何かが寿命を延ばしている!?」と解釈する人はいる” データに騙されないための3つの方法――「社会実情データ図録」管理人に聞く / 本川裕×飯田泰之 | SYNODOS -シノドス- | ページ 2