ROKUx

私的メモあるいはスクラップブック

3月 20
“学校ができるのは手を変え品を変えて子どもにアプローチすることしかないんです。こうすればどんな子どもでもうまくいくっていう一般的なマニュアルは存在しません。教える側の僕らにできるのは「手立てを尽くすこと」と「待つこと」だけなんです。” 教育の危機と再生 (内田樹の研究室)